Uncategorized

不動産の価格

投稿日:

さて、不動産の価格について一つ
不動産の売却をお考えの際に参考にしてください
不動産を売るときに注意するべきポイントです

まず、不動産の売り買いにあっての大前提ですが

「売主」は高く売りたい
「買主」は安く買いたい

これは誰しも持っている感覚と思います(不動産に限らずですかね)
では、市場に出回っている不動産の価格はどのように決定されているのか

あくまでも、不動産業者以外の個人や一般法人が売主の場合ですが
最終的に販売金額を決定するのは売主です

とはいえ
そこに大きな影響を与えているのが不動産会社です
まぁ厳密に言うと営業マンですね

よく「相場」という言葉を耳にします

結論から言います

価格は、その金額で買う人が一人いればいいんです
その一つ一つが成約の事例として相場を形成していくわけですね

不動産会社の営業マンは売上主義です(至上主義といってもいいかも)
数字を上げている営業マンは発言力が強く
出世しやすく、そして給料が高い傾向にあります(いい車に乗ってます)

なので、不動産を売りたいというお客様に提案する査定の価格には
できるだけ手間や経費をかけずに売りたいという操作

これが入ることは容易に想像できると思います
不動産を売ったときに支払う手数料は
販売期間の長短や、かけた広告費用に関係なく設定されています

販売を初めてすぐに購入の申込みが複数本入るような価格設定

これは明らかな査定ミスか
不動産会社の思惑通りの価格設定だったのでしょう

よくあるケースですが
経験の浅い営業マンが誤った査定結果を伝え
これまた売主がそれを鵜呑みにしてしまったパターンですね

これらの場合、売主は高く売れる機会を損失したということになります
本来得られるべき利益が喪失したことになります

怖いですねぇ
ちょっとした判断ミスで数百万円の損失です

しかしながら、高ければいいという訳でもありません
100人中100人が高いと判断されるような価格の設定では
販売期間が長期化するだけでなく、売れません

売主も販売を仲介する不動産会社も目的は同じです

売却を成立させることですね

「相場」という曖昧な言葉でもって
高く売れる可能性について考えない売り方

不動産会社や営業マンの言葉を鵜呑みにした
価格の決定の仕方

もしかすると大損しているかもしれませんね

ご用心

-Uncategorized

Copyright© とかちの不動産|いいね不動産ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.