Uncategorized

新型コロナと不動産

投稿日:

札幌市中央区のすすきのエリア
日本三大歓楽街と呼ばれる街です

人それぞれ印象はあるかと思いますが
私は、おいしい食べ物が多いグルメの街というイメージです

また、報道によれば
北海道で新型コロナ感染者が最も多くでている地域です

以前、大変お世話になっている不動産オーナー様に
何度か連れて行ってもらった寿司店「青山」

すごく美味しかったのと
気持ちのいい会話が印象的な店主です

昨日、店主から携帯電話にショートメールがあり
営業形態を食品製造に転換するとの内容でした

カウンターに10席くらいの店内飲食のみのお店と記憶しておりましたが
今後、当面はオリジナル「青山」の味を宅配で届けるとのこと

早速、送って頂いたパンフレットです
お正月にタコは相性抜群なので4セットほど注文しました

タコとカニみそが好きな方は是非!
味は保証します

新型コロナが終息し、また食べに行けることを祈念しながら
正月はタコを噛みしめる予定です(ちなみにタコは大好物です)

さて、タイトルの

「新型コロナと不動産」

都心部のオフィスビルなど
一部影響が出ているような報道を目にしますが

帯広を中心とした十勝エリアでは
住宅や住宅用の敷地の売買について
それほど影響が出ていないように思います

今後の感染者の数やワクチンの見通しなど
先が見えない状況であることから

楽観視はできません

現在のところ帯広市では
不動産を買い控えるような流れにはなっていないようです

年内あとわずかですが
不動産の売却相談があればすぐにお伺いします
(もちろん感染症対策はしっかりと)

いいね不動産
ご相談お待ちしております

-Uncategorized

Copyright© とかちの不動産|いいね不動産ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.