Uncategorized

原野・山林・調整区域

投稿日:

原野商法

聞いたことがあるキーワードでしょうか??
Googleで検索すると色々とでてきます。

引用させてもらいます
騙す意図があったもの、なかったもの様々だったと思いますね

土地神話と呼ばれていた時期
当時開発が進んでいなかった北海道の土地がよく売られたようです

僕らが住まう十勝帯広地域にもそのような土地が多くあります

図面上でのみ区画を作成し
広告で集めたお客様にパンフレットや現地案内を行い販売していったようです

あたかも将来価値が上がるかのような情報で無価値の土地を販売する手法です
違反行為ですね

過去にそのような活動を行っていた会社のほとんどはすでにありません
責任追求のしようが無いのが現状です

不動産仲介業をやっているとそんな土地の売却相談がちらほらきます

多くの不動産会社では
土地の所在などを聞いて「原野」と判断できると
条件反射的に「売れません」と返答します

弊社ではできる限り販売可能物件かどうか調査を行い返答するようにしております

一時ブームとなりましたが
ソーラーパネルの設置用地として

または
家庭菜園用地として
資材置き場として
田舎暮らしがしたくて

多くの予算は出せないがこのような需要が一定数必ずあります
原野・山林・調整区域の土地を売却したい、処分したい
そのようなご希望に少しでも添えるようにサイトを立ち上げました

十勝帯広地域の原野・山林・調整区域|原野.cc
https://genya.cc/

十勝帯広地域で原野・山林・調整区域の土地にお困りの場合
お気軽にご相談ください

-Uncategorized

Copyright© とかちの不動産|いいね不動産ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.